コピー機が普及するまで

時代の変化に基づいて起こっている現象です

現代では、とてもプリンターや業務用コピー機などの値段が下がってきました。 中には企業を経営していて事務系の部署などに業務用コピー機を配置しようと思って安いコピー機を見つけて配置している人達なども居ます。 ですが、これ自体は特に大きな問題ではないのですが、現代特有の一種の逆転現象が起きているモノがあるのです。 それは「プリンターやコピー機のインク」です。 今では、下手をすればプリンターよりもインクセットの方が高い時代となった訳です。 かつてはコピー機やプリンターというのは、企業が保有するだけの、業務用な必需品であって一般家庭は持つ事はできないだろうと言われていた商品です。 ですが、時代が変化して家庭用プリンターなどのコピー機の台頭により、その内実が大分変化してきました。

変化の上で起きた導入者の苦悩

その為、最近の20代や30代の若い経営者になろうと起業を初めて企業の代表者などになった方々などの中には、普段からプリンターはインク交換をあまりしないからインクの値段の感覚を見落としていて普通に企業に導入して企業運営をしていくという事が多々あります。 経費や備品費としても色々かかるのが企業運営というモノですが、この備品の中でも特に経営者を悩ませるのがインクの値段と言われていて、経営を初めて半年ぐらい経ってからインクの値段の高さを再確認し、更に業務用コピー機などのインクに至っては笑い話にもならないインクの値段だったりして、此方の方でも頭を悩ませる事がある物でもあります。 この様に時代の変化に基づいて視点から抜け落ちざるをえないジェネレーションギャップ的な要素もあるのが現代の企業運営の中の1つであり、そして意外な盲点の困り者であるコピー機という備品のコストというのがジェネレーションギャップの1つの象徴となっているのも今の日本の面白さの1つかもしれません。